兵庫県での注文住宅事情

兵庫県での注文住宅事情

家を買うということは、人生最大の夢をかなえる、もしくは、人生最大の買い物と良く言われます。

探すのも選ぶのも、注文するのも時間と労力がかかりますよね。

しかし、逆に言えば、人生最大の大きな買い物を楽しめると言う事でもあるかもしれません。

一口に家と言っても、注文住宅、分譲住宅、分譲マンションに大きく分けられるでしょう。

既に出来あがっている、または完成形が見えている分譲と違って、注文住宅は一から作り上げる喜びが大きく、感動も一際です。

ここでは、兵庫県での注文住宅を検討するにあたって、つまり人生最大の買い物を楽しむ為のポイントを考えてみたいと思います。

兵庫では平成26年度に約33500戸の住宅が新規で着工されたそうです。

昨年度から比べると3000戸減。

消費税前の駆け込み需要の反動という見方が一般的なようです。

地区別では中播磨、東播磨地区および、阪神北地区での着工が増え、逆に神戸、北播磨、西播磨の各地区が減ったとの事です。

全体の着工戸数が減ったと言う事は、住宅産業のお客様獲得競争が生じ、我々消費者はより大事にされる傾向が出る事が予想されます。

また、地域も人気が上昇している地区で検討するか、少し人気薄の地区で割安感を狙うか、選択の幅も広がりそうです。

兵庫県での注文住宅事情を着工数や地域で見てみた所で、今度は業者さんを見てみましょう。

ハウスメーカー、工務店で主なところだけでも150社以上あるそうです。

専門業者でこれだけですから、土木や造園も兼ねている所なども合わせるとその数は膨大なものになります。

兵庫では大手ハウスメーカー系から中堅工務店、そして小規模建築会社と業者さんの層も多彩のようです。

業者が多いとサービスが良くなるのはありがたいですが、それを選ぶのに苦労するのでは本末転倒とも言えますね。

しっかりした業者さんを確実に選ぶ目が必要になります。

住宅産業はクレーム産業とも言われます。

居住者は1年365日そこで過ごすわけですから、不具合は小さなものから大きなものまで多数発生するのが当たり前。

それを踏まえると、業者さん選びというは、一生の住まいのパートナー選びとも言えるわけなのです。

次ページ以降で注文住宅業者さんの選び方を御紹介して行きますが、基本となるのはインターネットで検索か、自分の目、耳、足で探すかという方法です。

インターネットでの検索は例えば、などが情報量も多く、見やすい事もあり参考になるでしょう。

兵庫の注文住宅情報はこのサイトがおすすめ