注文住宅、パートナーとのコミュニケーション

注文住宅、パートナーとのコミュニケーション

注文住宅建築業者さんというパートナーの探し方、比べ方を色々考えてみましたが、ここでは、コミュニケーションについてちょっと考えてみたいと思います。

重要なキーワードは「IT」でしょうね。

提案、成約、各種手続き、施工開始、竣工、入居、アフターフォローと、パートナーである業者さんとの報・連・相は非常に多岐にわたり数多くなります。

単なる携帯電話やメールでのやり取りにとどまらず、SNS、ブログを通した双方向でビジュアルな情報共有の手段を提案してくれる所が増えてきています。

特にお客様専用ページを専用ブログで用意してくれるような業者さんはお勧めですよ。

地鎮祭から竣工まで、私達の夢が形になってゆくさまが都度ネット上で確認できるのは、何とも言えない楽しみがあります。

また、「担当者とのやりとりも時系列で記録に残る」という点は、言った言わないいうミスコミュニケーションを防ぐ有効なツールでもあるのです。

これを使わない手はありません。

注文住宅建築業者さんというパートナー選びには、そのITのリテラシーチェックも忘れずに!

注文住宅建築業者さんとのコミュニケーションの重要性について、ブログやSNSでITの力量をチェックする重要性を述べましたが、それだけではありません。

プレゼンボードなど、今は施工前、施工中から完成をイメージできるようなツールが沢山あります。

ここも、実は、もう一歩チェックしたいポイントがあるのです。

デジタルカメラ、ビデオでの「施工中の撮影」です。

家という構造物は、基礎部分、軒下、屋根裏、壁の裏などなど、施工してしまうと見えなくなってしまう部分が沢山あるのです。

ここの部分の写真やVTRをしっかり撮って残しておいてくれる業者さんも実は沢山あるのです。

見えなくなってしまう部分でも、きちんと記録にとって私達に提供してくれる、そんな気遣いをしてくれる業者さんは、まさに住のパートナーと言って差し支えありません。

DVDに落として、「完成記念品」などとして渡されると感激してしまいます。

安く無い注文住宅を発注するわけです。

こうした、ITを利用したちょっとしたコミュニケーションスキルに関しても、チェックするべきポイントではないかと思います。